どんな職業でもそうかもしれませんが、資格を持っているだけでは意味がありません。
もちろん、資格がないとできない仕事はたくさんあります。
しかし、資格があるだけではだめなのです。
例えば税理士。
税理士なんて、資格さえあればどうにでもなりそうな気がしますよね。
しかし、実際にはそうでもありません。
税理士の資格を持ち、税理士事務所で地道に働くというのなら、それでもいいかもしれません。
しかし、自分の事務所を構えたいと思ったら、必要なのは営業力なのです。
税理士は、顧客がいなければ成り立ちません。
そして、これから新しく起業するケースを除き、ほとんどの企業には税理士が付いていると考えたほうが良いです。
つまり、自らの営業力で、顧客を開拓しなくてはならないのです。
一度ついている税理士さんから自分に乗り換えてもらうというのは大変なことです。
例えは、小さな企業が大きくなり事務所が増える場合、どの事務所でも同じ税理士事務所に依頼する可能性が高いです。
ただ、独立する場合は、別の税理士事務所に依頼する場合もあります。
そんな時こそ、顧客をゲットするチャンスです。